思ってたんとちがう塾

京都府上位高「堀川・嵯峨野・西京・桃山・南陽・城南菱創高校」受験、
国公立大学・難関私立大学受験の指導を行う英語・国語に強い学習塾です。
英語・国語(日本語)が専門である塾長・塚本が直接指導する英語/国語特訓コース・英語検定コースもあります。

 

1学期中間テスト期間中から塾に来てくれている中3Aくん。

中3になって、高校受験があるし、そろそろ塾行こうかなと。
保護者様とともに塾探し、塾選びを始めたそうです。

もともと公文の教室に通っていて、
その公文の先生の息子さんが、以前ウチに通っていただいていたこともあって、
ウチの塾のことは少しは聞いておられたようです。

その後いくつかの塾に体験に行ってみたり、お話を聞いてみたりされたのち、ウチにもお越しいただきました。

ちょうど中間テスト期間だったので、テスト勉強をしながらの体験から始めました。
テスト期間の体験が終わってから、入塾されるかどうかを決められる予定でしたが、
体験初日の翌日に、

「めっちゃ勉強できる!やばいっ!」って本人が言うてます。
もう今日から入塾させていただきたいのですが、いいですか?

と、お母さんからご連絡をいただきました。

その日Aくんが、めいっぱい勉強した後の塾からの帰り際、こんな一言を。

「この塾のこと、ホンマにガチ塾やと思ってました。ヤバい塾やと思ってました。
けど、全然違いました!」

う~ん、どういう意味かよくわからんけど、まぁ、喜んでいることには違いない。

「こののぼりとか、看板とか、赤いのんがガチ感を漂わせてるんですよ。」

なるほど。
ガチ塾と、ガチじゃない塾。
ヤバい塾と、ヤバくない塾。

まぁ、私は前者になりたかったので、うれしいです。
というか、ガチじゃない塾ってどんなんやねん?

それにしても、「思ってたんとちが~う」と言われることがよくあります。

サブの塾タイトルに、
「思ってたんとちがう塾」と入れましょうかね(笑)